ブラックリストはいつまで続く?

Q.ブラックリストに載ってしまうと、もう一生消えないの?

そんなことはありません。

 

いわゆるブラックリストには期限があります。一般的にブラックリストに載る期間は、5年、もしくは10年と言われています。
5年と10年ではずいぶん違いますね。なぜ、こんな違いがでるのでしょうか?

 

実のところ、ブラックリストとして信用情報に掲載される期間というのは、各信用情報機関によって異なるのです。

 

 

最も代表的な信用情報機関は次の3つです。

  1. JICC (株式会社 日本信用情報機構)
  2. CIC (割賦販売法・貸金業法 指定信用情報機関 株式会社シー・アイ・シー)
  3. KSC (全国銀行個人信用情報センター)

 

 

各信用情報機関の加入者は以下の通りです。

  • JICC  消費者金融会社、信販会社、、リース会社、金融機関、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、保証会社
  • CIC   クレジットカード会社
  • KSC   銀行、信用金庫、信用組合、農協などの金融機関

 

 

また、各信用情報機関のブラック情報の保有期間は以下の通りです。

 

  • JICC  延滞継続中・延滞解消後は1年・自己破産5年
  •  

  • CIC  延滞継続中・延滞解消後は5年・自己破産5年
  •  

  • KSC  事故発生日から5年・延滞解消後は5年・自己破産10年

 

注:延滞継続中=延滞が解消しない限り事故情報が消えないという意味

 

※ご自身の登録情報がどうなっているか心配な方は、各信用情報機関に問い合わせると情報開示されます。問合せ先は各機関のホームページでご確認ください。

 

 

 

ブラックリストは繋がっている

 

現実には、この期間を経過したからと、クレジットや融資の申し込みが、必ずできるようになるとは限らない様です。そして、残念ですが、ブラックリストの期間を短縮する方法はありません。

 

この3つの信用情報機関同志は、CRIN(情報を共有するシステム)で繋がっています。
もしCICが加入貸金業者から個人の信用情報照会を請求されると、JICCに対しても、同時に情報照会を請求します。
大手が加入している、代表的な信用情報機関同士は、しっかりブラックリスト情報を共有し合っているのです。

 

つまりは、信用情報を共有し合って、同じ情報をもとに審査を行っているのですから、大手の貸金業者で一社で審査に通らないと、一社のみではなく、大手他社も限りなく審査に通らない
確率が上がるという事です。

 

ブラックリストが気になる方は、独自の信用情報をもとに審査している、中小の消費者金融に相談するのが得策でしょう。

 

 

 

ブラックリスト気になるときの借入先探し