ブラックリストって何?

Q.ブラックリストに載ってるのはどんな人?

 

「ブラックリストに載る」というのは、正確には「信用情報にトラブル歴が記載される」ということです。

 

融資を受けたり、クレジットカードを利用したり、分割で商品等を購入したりすると、それぞれの会社が加盟している信用情報機関にその情報が登録されます。
消費者金融・クレジットカード会社・信販会社を利用すると、信用情報機関に利用者の情報がその都度記載されていくのです。

 

信用情報とは、その契約の状況を逐一記録した個人情報です。お金を借りた、ローンを組んだ、返済した、延滞した・・・など何だかの動きがあった時に記録されていきます。
信用情報は融資、クレジットカードやローンを利用する全ての人に必ず存在するものなのです。

 

その中でもトラブル歴のある情報だけを特別に「ブラックリスト」と呼んでいます。

 

 

 

消費者金融でのブラックリストのチェック方法は?

もし、あなたが借り入れの申し込みをすると、貸金業者は指定の信用情報機関にあなたの信用情報を問い合わせます。(信用情報を照会する
あなたのこれまでの利用状況が調査されます。総借入額はいくらか?過去に延滞や滞納をしていないか?自己破産歴などはないか?トラブル歴などを調べてもし問題があれば、融資は却下されます。
有名大手の消費者金融では、同じ信用情報をもって判断を下していますから、一社で審査に落ちてしまったら、他でも審査に落ちる確率が大きくなるでしょう。
大手の消費者金融は、お互いに情報を共有し合っているのです。

 

ブラックリストは絶対融資してもらえない?

大手の金融会社で審査に通らなくても、中小の消費者金融で審査に通った、ということはよくあります。中堅や小規模な消費者金融では、必ずしも大手と同じ信用情報をもとに審査していないからです。
ですから、信用情報が気になるという方は、中堅の金融会社などが狙い目でしょう。

 

小規模な消費者金融の方が審査に通るのは、ある程度審査ハードルを下げなければ、全ての顧客を大手にとられてしまうからです。
小規模店はそれなりのサービス、消費者金融ならいわゆる「審査が甘い」ということになるでしょうか、を打ち出すことによって生き残り図っているのです。

 

 

 

ブラックリストが気になる方に甘め審査