総量規制で借りれる?借りれない?

Q.総量規制でいう年収の1/3までとはどういうこと?

 

アンサー

貸金業法改正にともない、借入総額が年収の三分の一を超える場合については規制が設けられました。消費者金融などの貸金業者は、基本的に、借り手の年収の三分の一までお金を貸しだすことができなくなりました。それが総量規制です。

 

 

総量規制は2006年12月に、主に多重債務者を減らす目的などで制定されました。その後、金融業者のシステムの変換などを待って、2010年6月に施行されました。

 

総量規制は、あくまで一般の貸金業者(金融系)のみの規制を目的にしたものなのです。
ですから、今や銀行系の消費者金融だけが勢いをふるうようになりました。銀行系というのは、〇コム、〇イクなど、みなさんがよく知っているような有名大手のキャッシング会社です。

 

大手は一定の審査ラインで容赦なく落されてしまいます。融通の利く地域密着の金融会社など(街金やサラ金などとも言われていました)が、多くの人々にとっては頼みの綱でしたが、今や激減してしまいました。

 

多重債務者を作らないための法律が、実際には銀行系キャッシングに断られる多くの人々を、ヤミ金や自己破産へと追いやるという皮肉な事態になっています。

 

総量規制の適用範囲外となるのは?

以下のものは総量規制の借入額に含まれません。

  • 銀行からの借入
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 知人、親戚からの借金
  • 事業者向け資金

 

クレジットカードの場合

同じクレジットカードを使用しても、使用目的により違ってきます。

クレジットカードでの

  1. キャッシングは総量規制適用される
  2. ショッピングローンは総量規制適用されない

 

注意

分割でのショッピングローンは「割賦販売法」というまったく別の法律が適用されます。

 

 

既に複数社の借入がある場合

年収の三分の一といっても、それは1件の借入ではなく、複数社で借りている場合、その合計額が年収の三分の一という意味です。

 

既に年収の三分の一以上借りてしまった人に対して、今すぐ返済を迫ったり、処罰したりということはないのでご安心ください。

 

専業主婦に関しては

夫の同意証明書や収入証明書、その他夫との関係を証明する書類など、さまざまな書類の提出が求められるようになりました。面倒な手続きが増えて、時間と手間が圧倒的に増えました。
この面倒な手続きを行えば、専業主婦は夫の年収の三分の一までの借入ができ、夫とあわせて、夫の年収の三分の一まで借入れできます。

 

パート主婦などで本人に収入があれば、そのパート年収の三分の一までの借入ができます。
パートタイムやアルバイトなどで収入が少ない人にとっては、総量規制によって融資を受けることは高い壁となりました。
もちろん、専業主婦が夫に内緒で・・などとはいかなくなりました。

 

 

総量規制が定める年収とは
  • 給与
  • 年金・恩給
  • 定期的に受領する不動産の賃貸収入
  • 年間の事業所得(安定的なもの)

 

総量規制の年収にあてはまらないもの
・宝くじやギャンブル等による一時的な収入など

 

 

借入れ額が気になる方にこちらの3プラン