ヤミ金とソフトヤミ金の違いは?

Q.ソフトヤミ金はこわくない!?

 

アンサー

ヤミ金とは、闇金融業者のことです。貸金業法による登録をせず、無許可で、「闇で」貸付をしている貸金業者のことです。
従来のヤミ金は脅しや暴力的な取り立てなどを行うところもありますが、ソフトヤミ金は、一見とても親切なところが大きな違いです。

 

 

 

貸金業法では、消費者金融などの貸金業者に対して、たいへん厳しい規制を設けています。
ですから、一般の消費者金などはその厳しい制約の中で営業しています。

 

それに反して、ヤミ金はその規制にまったくおかまいなしに営業していると言っていいでしょう。金利はもちろん、取り立ての方法にいたっても、かなり過激であったりするわけです。誰しもが耳にしたことがある、トイチ(十一、つまり10日で1割の金利)などは まだまだ序の口です。年利300%、500%というところも。

 

また、ヤミ金のイメージとなっている暴力的な取り立て行為ですが、

  • 電話をかけ続ける、ビラを貼るなど嫌がらせをする
  • 大声で叫ぶ、暴力的な発言をするなどの脅し
  • 実際に暴力を振るう

など、どれも法律で禁止されている行為なので、すぐに警察に通報することをおすすめします。

 

最近はソフトヤミ金が主流?

 

最近はそのような暴力的なヤミ金ではない、いわゆる「ソフトヤミ金」が増えています。
ソフトヤミ金は、とても親切で、情に厚く、あなたの無理をもきいてくれます。従来のヤミ金のように暴力的な行為や脅しなどは行いません。

 

取り立ても「〇〇さんが返してくれないと、僕、本当に困ってしまうんです〜」というように情に訴えて行ったりします。(あくまでも業者によって違います。)
ソフトヤミ金の利用者の中には、「おかげで助かってる。」「貸してもらえてよかった。」など、感謝の意を述べている人もいます。

 

また、ヤミ金とわかって自ら借りる人もいます。これは、貸金業法の改正後、グレーゾーン金利が廃止され、大手金融で断られた多くの借入難民がいるということです。

 

 

しかし、ソフトヤミ金もあくまでもヤミ金ですので、金利が法外であることに変わりはないのです。

 

 

ヤミ金で借りる前に相談すべき

即日融資/甘め審査の金融